昼休み

昼休み、休憩時、ふとコンビニへ寄りたくなった時、

会社のオフィスを出るたびに確認する場所がある。

誰かは知らないが、東京で働き始めてからのこの5ヶ月間、

ずっと気になる人が僕にはいた。

190905_堀光成さん.png

その人はいつもタバコ休憩のためビル2階のバルコニーへ出て、

せかせか急ぐ歩行者を見ながら一服している。

ただその様がなんともかっこよく、毎度のよう足を止めては見入ってしまう。

12時13時の眩しい太陽光がバルコニーへ差し込み、

むやみに置かれたであろう植物たちもその時間だけは光り輝いて見える。

ただその人とタイミングが合わない限り、その様子を見れやしないし、

「今日こそは」とカメラを持って出ても現れないことばかりだった。

そんな中、一週間前のこと。

その日もお昼休憩にランチを買いに外へ出た。

同僚のデリも一緒。

楽しくお話しをしながら信号を渡り、ビルの2階へ顔を上げると、

そこにはいつもと同じ上着をまとい、何か考え事をしているかの表情で一服する”その人”の姿があった。

僕の右手にはもちろんカメラもある。

あとは声をかけるだけ。

僕は大きく手を振って気付いてもらい、右手に持ったカメラを左手で指差し、

「いつも見てました。写真撮らせてください!」と大きめの声で伝える。

一枚だけシャッターを切って、「ありがとうございました」と言い、

そのお礼に親指を立ててグッドサインを出してくれた”その人”に、

僕もグッドサインを返しその場を離れた。

時間にして10秒ほどの出来事。

でも一瞬で人を信用し、笑顔とグッドサインで見送ってくれたあの優しさが僕の心にはとても気持ちよかった。

「絶対良い人。もっと話したい。」

そんな思いからちょうど一週間後の昼休み。

5分でランチを済ませ外に出て、いつものビルへ急いだ。

今日会えるかなんて分からない、がとりあえず休憩時間の許す限り待とうと決めた。

今回は遠くから撮りたいのではない、近くからポートレートが撮りたい。

そのため事前にバルコニーへのアクセスも確認した。

それから15分ほど外で待ったのだろうか。

突如扉が開き、いつもと同じ白い上着が現れた。

僕に笑みがこぼれる。

「おっしゃ」

急いでエレベーターの「2」を押し、驚かさないよう丁寧に扉をあけて挨拶する。

「こんにちは」

「うお〜これはこれは!この前の写真を撮ってくれた青年!」

あ、覚えていてくれた。

その一言で余計な不安や緊張が全部飛び、お互いが笑顔で会話を始める。

ずっとその容姿から料理人だと思って眺めていたその人は、

聞けば81歳で現役の歯科医だった。


そこから20分弱会話をし、次の患者の診断へ戻られた。

エレベーターが閉まりきるまで頭を深々と下げて見送ってくれた。

この一連の出来事全てが僕の中では優しく残る。

時間にしたらごくわずかなこと。

ただこんな出会いがあれば一日中幸せな気持ちでいれることは言うまでもない。

また昼時に見かけたならば、何度でも手を振って挨拶をしたい。

今になって気付くが、5ヶ月の間、なんとなく頭の片隅にあって、

いつも目に映る度に感銘したり考えたりを繰り返してきた。

それは同時に、その情景を目にしていない余暇の時間に想像するきっかけを与えてくれていた訳でもあり、

接点を持てた瞬間に思いがこみ上げる体験もあれば、自分の想像でしかなかったものを写真として物体化し手に取れるように変わり、そして周りの人にも共通物として共有できる嬉しさを教えてくれた。

写真を行う観点から見ても、自分の行動を肯定し、納得して消化できる出会いになった気がした。

190905_堀光成さん_02.png

Featured by The Japan Times

I got this great opportunity to be featured by The Japan Times on Aug 25th, 2019.

(Read article from here)
I do appreciate the Camryn Privette who is a writer of this article from United Kingdom.

I met her the end of July at the food truck place in Yotsuya,Tokyo.
We both were in the same line to buy the lunch and she was 2 people ahead of me.

She was wearing such a beautiful black dress, and it just kept my eye.
At that time I was together with my colleague, so I just passed him my ¥1,000 and decided to run after her for take a photograph.

(These are the 2 photos I took.)

Camryn Privette

Camryn Privette

Camryn_02.png

Yes, I am Fushin-sya (不審者) in many ways, but it’s just how I’ve been approached to people more than 5years.

I had 0 expectation she is from The Japan Times, I had 0 expectation, it’s gonna end up like this.

Feels grateful and lucky enough.

Basketball Portrait / フィリピン・オロンガポにて

BARANGAY MABAYUANと書かれたゲートを車で2分ほど直進すると

左手に緑の柱で囲まれたバスケットボールコートが見える

ここが今回の撮影場所 

[BARANGAY BASKETABALL COURT]

個人的に

フィリピンをたずねるのはこれが7度目

そのたびに訪れるのがオロンガポ


会いたい人がいる

大家族BAWIGA ファミリー

彼らと出会ったのは高2の夏・17歳

それから毎年のように訪ねている

これは毎回のことだが出会って最初の3日間は豪華に遊ぶ

歓迎の意味もだが、何より日本から僕が来ることにより、

子供達は普段行けないプールやゲームセンターに行けると大はしゃぎで迎えてくれる

しかし1週間から長い時で1ヶ月近い滞在となると毎日そうもしてられない

5日目ごろから "日常" に戻る

僕が来ているからと子供達は朝起きるなり「I'm tired」と母にぐずり、学校をサボる

しかしそれが許されるのも1日だけ

次の日からは朝5時に起きて小学校へ向かう

子供達の母はというと大家族特有の飯作り、洗濯、掃除におわれ大忙し

とはいえここは日本でなく、フィリピン

時間の流れがかなりゆっくりで

焦る、追われているといった素振りはかけらも見えず、

それぞれがそれぞれの時間を楽しんでいる

そして学校から子供達が帰ってくると、

母の手を引き 長い階段を下り、バスケットボールコートへ向かう

そんな家庭が山ほどあるのか学校終わりの15時から18時はここが人で溢れる

そして2つしかないゴールに向けて、皆それぞれに持ってきたボールを放つ

3 point, 1on1, そして人がいることお構いなしに大コートで試合を行う者

疲れたら目の前の駄菓子屋でチョコレートジュース

5ペソ、日本円で1杯10円を分ける

17時を過ぎるとそこに集まった有志で試合が行われる

試合といってもビブスも、笛も、審判もいない

あるのはボール1つとゴールが2つ

5対5じゃなく、10対10、どころか途中から誰でも入ってこれる

参加者は下は幼稚園児、上は仕事帰りの大人まで

当然のように大人が主軸となりゲームが進む

しかし子供達も負けじとボールを追いかける

かなり厳しいタックルや、早いパスが子供にも向けられる

小さいからと手加減はしない

でもそこには上のものが下を労わる優しさがある

しまいにはこかされ、泣いて

そして次の日、また笑顔で皆が集まる

そういえば僕も小学生の頃は学校終わりに友達と集まりよくサッカーをした

年上も年下も関係なく、みんなで

楽しかった、彼らのように夢中でボールを追いかけた

こかされて泣くことも、大きくすりむくこともあったが、それで強くなれた

(あぁなんかいいもの見てる

今の自分はあんなにも夢中でボールを追いかけているだろうか

いつから余計なことばっかり気にして...)

色々と頭の中を巡る

そして、こんな景色こそ残していたい

キッズにとってここは登竜門

キッズたち頑張って、僕もまた頑張ろう

そんな気持ちいい時間と彼らと自分の成長を長く記録したい

そう思い一人一人を撮影することにした

2019年2月